コントローラとビュー

コントローラを作成する

# bin/rails g controller コントローラ名 [アクション名 アクション名]
$ bin/rails g controller tasks index show new edit
  • ルーティング・・・URLとHTTPメソッドの組み合わせから、リクエストを処理すべきコントローラーとアクションを特定すること
  • リクエストを処理するコントローラとアクションは、ブラウザからのリクエストに含まれるURLとHTTPメソッドによって決定する
  • コントローラのアクションを設定するときは、入口となるURLとHTTPメソッドをあわせて考える必要がある
  • controllerのジェネレーターでアクションを指定するとアクションと同名のビューも作成される
  • HTTPメソッドがGETのアクションは同名のビューを使うことが多いので、HTTPメソッドがGETになるアクション名をジェネレーターコマンドの引数として指定すると便利

  • ジェネレーターコマンドを実行するとアクションについて個別にルーティングの設定が追加される

  • ルーティングを一括で設定したいので、config/routes.rbから設定を削除する
# 全部消す
get 'tasks/index'
get 'tasks/show'
get 'tasks/new'
get 'tasks/edit'
# ここまで

# 追加
# index,show,new,edit,create,update,destroyすべてのアクションに関するルーティングを設定してくれる
resources :tasks
# Railsのデフォルト画面ではなくタスク一覧が表示されるようにする
root to 'tasks#index'

Railsのデフォルト画面ではなくタスク一覧が表示されるようにする